求人WEBサイトの採用専用サイトの使い方

No Comments

昨今は求人WEBサイトサービスが多くなりました。GPS機能も備えており、勤めたい場所をピンポイントで指定して仕事探しができる点が人気を博しています。このサイトでは求人情報だけでなく、採用専用サイトというものもあるので、働き手を求める側も利用できるのが特徴です。ここでは簡単に求人WEBサイトの採用専用サイトの使い方を解説していきましょう。この専用サイトでは必ず、アカウントを作ってアクセスをしないといけません。その後、自社がおこなっている求人募集に対して、どれだけの方が応募をしているのかを、数字で見ることが可能です。それぞれの氏名をクリックすると、エントリーシートを目にすることができます。それはいわゆる履歴書に該当するので、しっかりと見ていきましょう。実際に採用をしたいと思う方が複数人いた場合は、スカウトという機能を使用します。今では大半の求人WEBサイトで用意をなされており、このスカウトに応じた方を採用できるわけです。

Categories: Uncategorized

ホームページの構成要素

No Comments

どのようなものでもつくるという行為の前提には、既存のものをよく見るということが必要になる。 ホームページのレイアウトはどのような要素によって構成されているのかを確認してみよう。

  • サイトロゴ・・・基本的にトップページから一貫して、サイト内のすべてのページにおいて 同じ位置に表示する。ページの左上に表示する場合が多い。トップページ だけやや大きく、それ以外では小さめに表示する場合もある。
  • メインビジュアル・・・視覚的に受けた印象は記憶に強く残りやすい。サイトのトップページでナビゲーション サイトの主要 コンテンツへの メインは、比較的大きめにビジュアルを使用して、ユーザーにサイトを視覚的に印象づけようとすることが多い。しかし、情報重視のポータルサイトなどでは、できるだけ多くの情報を効率よく表示することを重視して、特にビジュアル 要素を入れないという場合もある。
  • ニュース、サイトの新着情報・更新情報 ・・・ホームページはすべてを一覧することができないので、ユーザーにはどの部分が変更されたのかわかりにくい。新しく作成したページや更新したページ がどこであるかをまとめておくと、何度も訪れてくれるユーザーは、更新された部分だけをチェックすればよいので便利だ。
  • ナビゲーション・・・ナビゲーションにはサイト内の各ページへのリンクがまとめられている。こ れらは「サイトの主要コンテンツへのリンクJと「サイトの機能を提供するリン ク」に分けることができる。これらすべてをひとまとめにしてしまうとメリハリが なく、リンクの数も多く見えてしまう。役割ごとに分類して位置やデザインを 変えることで、サイトの構造がシンプルに感じられ、認識しやすくなる。
  • サイトの主要コンテンツへのリンク・・・サイトの主要コンテンツへのリンクは、トップページの中でもっとも重要な要素といえる。明確に認識できる表現にすることが重要だ。
  • 広告・・・サイトの機能を提供するリンク サイトマップや問い合わせ先、ヘルプなど、サイトを利用するうえで必要な機能を提供するリンクは、サイトの主要コンテンツへのリンクとは別の位置 およびデザインで、少し控えめに表現するとよい。
  • おすすめコンテンツ・・・サイト内で特に見てもらいたいコンテンツには、通常のナビゲーションに 加えて、さらに目立たせて表現することがある。コンテンツの重要度によっ ても扱いが異なるが、バナーの形式でサイト内のコンテンツに対してリンク を張るという方法もある。
  • サイト内検索・・・ サイト内のキーワード検索を使うと、目的の情報に直接アクセスできる。 数ページ程度の小規模サイトではあまり必要ないが、ページ数の多いサイ トの場合は、ぜひ用意したい。
  • フッター・・・ ページ下部に置く要素をまとめてフッターと呼ぶ。フッターには、コピーライト表記を表示することが多い。問い合わせ先をはじめとして、サイトの機能を提供するリンクをここに配置する場合もあります。

Categories: Uncategorized

タッチパネル操作を考える

No Comments

スマートフォンとPC操作方法の大きな違いの1つが「タッチパネル」と言えるようです。キーボードやマウスを使用することで作業することのできるPCとは異なり、スマートフォンは画面に直接触れることによって大半の操作を行うことができます。

このような操作上のデジタルデバイスの相違点は、WEBサイト運営を行う上でも着目しておく必要性があるでしょう。画面を直接タッチすることでWEBサイトの閲覧が可能となるスマートフォンでPC向けサイトにアクセスすると起きる問題点として文字の小ささがあげられるようです。

またスマートフォンの画面の小ささからタッチパネル操作には使いづらいというユーザーの声があがってもいるようです。

Categories: Uncategorized

目標キーワードの出現率

No Comments

目標キーワードを詰め込み過ぎると、過去の低品質なサイトと同類とGoogleに判断されてしまいます。必ず、キーワードの出現率を確認しておきましょう。SEOツールなどを使うと簡単にわかります。

キーワード出現率を調べるツールはたくさんあります。その中で、SEOチェキ!という無料サイト解析ツールを使ってみるとよいでしょう。SEOチェキ!にアクセスして、調べたいURLを入力します。

キーワード出現頻度チェックをクリックしてください。トップページの目標キーワードの出現率がわかります。SEOツールを使って、1位と2位と3位は、メリハリをつけて設定するようにしましょう。

目標ページのリンク構造というのは、WordPress-SEOにおいて最も重要なものです。この目標ページが検索結果で上位表示されることを目指していきましょう。

目標ページは、すべてのウェブページから被リンクが集まるリンク構造を目指しましょう。

Categories: Uncategorized

与件の的確な把握と具体化が提案書

No Comments

Web制作プロジェクトで作られる提案書。そこに記載すべき項目として特に重要と言われるのが与件という発注者の求めるものであり、それまでに行った提案依頼書作成とその確認で行われるヒアリングから得られた情報から絞り込んで具体的に提示すること。

最初から完璧な提案書ができれば、それに越したことはありませんが、往々にしてそうはいかないのも現実。当初は推測を交えた抽象的内容となるかもしれません。

そこは最終的に要件定義で的確に反映されかつ後日その経緯が分かるようにしておくこと。

とにかく一番大事なのは、発注者の意向を的確につかみ具現化する方策が提示でき、依頼者側のステークホルダーと目される人物に納得してもらえればスタートとしては申し分ないと言えるのではないでしょうか。

Categories: Uncategorized

掘り下げチェック

No Comments

WEB制作のためのプロジェクト提案依頼などがあった際には、はじめに「情報収集の方法」を考えてみると良いでしょう。まず、要件を定義する過程を想像し、振り返っていくとわかりやすいのではないでしょうか。

発注者から依頼されているポイントや要望の本質部分といったものが「どういうものか」ということを掘り下げて行き、不明確な部分がないかという点を考察していくことが先決でしょう。

WEB制作プロジェクトの立ち上げというのは、往々にしてもともとあるWEBサイトをリニューアルするために立ち上げられることが多く、こういった手段についての要望や希望、現状打破のための戦略などが議論され、それを元にして、新たな提案を立てていくことが多いのではないでしょうか。

しかし、この段階での決定事項というものに安心していては危険でしょう。プロジェクトを進めつつ、現段階でのあらゆる心配事やトラブルの可能性を考慮しながらではないと、後の工程で問題が生じてしまう危険性があるからです。

なにも考えずに進めてきてしまった場合、最悪なことに、プロジェクト立ち上げ段階にまで戻って考えなくてはならない事態につながったりする可能性が高くなるでしょう。

Categories: Uncategorized

投稿ページ・固定ページ

No Comments

WEBサイトを構成するコンテンツ用語として「投稿ページ」「固定ページ」などがあげられますが、それぞれどのような特色がるのでしょうか。

「投稿ページ」とは、主に日々、記事がアップされるような更新頻度の高いページを言うようです。また「固定ページ」とは、比較的コンテンツ内容に変更がみられないWEBページを指しているようです。

WEBサイトを構成しているコンテンツを大分類してみますと、投稿ページのように常に記事の更新が行われているページもあれば、内容的にはほぼ変化のみられないようなページがみつかるのではないでしょうか。

それぞれのページの特色を理解したうえで使い分けることができればWEBサイトのメンテンナンスのし易さにもつながってくるでしょう。

Categories: Uncategorized

売上を伸ばしやすい構成

No Comments

ホームページを作成するときには、三部構成で作るという方法が一般的です。しかし更に売上を伸ばしたい、高度な構成に挑戦したいという場合には「QUESTフォーミュラ」という方法もオススメです。

コピーライターであるマイケルフォーティンが考案した方法で、読者を惹きつけるための構成の仕方を指しています。

Formulaは決まったやり方という意味をもっており、頭文字についてはQualify(ターゲットを正しいものとする)、Understand(ユーザーの要望を理解する)、Educate(ユーザーの要望に答える)、Stimulate(購買意欲を上げる)、Transition(顧客へと変化させる)といった意味から成り立っています。

この時にネット限定で予約割引アリなどのサービスがあれば、限定要素をアピールしながら誘導することで、大きな効果を得られやすくなります。

Categories: Uncategorized

ネットビジネスの変容とかかわり方

No Comments

ネットビジネスは、従来であれば難しいと考えられてきた衣類の販売から習い事サイトなどオンラインを通じて様々なネット上の需要を生み出してきました。近年、その大幅なユーザー数の拡大をみせているフリマアプリなども、モノやサービスの流通革命を起こしていると言われております。スマートフォンやPCを活用することで個人的なCtoCを可能としたネットサービスは、ユニコーン企業などとも呼ばれ各分野からの大きな注目を集めました。フリマアプリを使用する人々の動きのなかでは、これまでは不用品と考えられてきた使いかけの化粧品ですら多くの取引がみられているというのですから、目を疑うものがありますが、時代が変われば「お古」といったものをご近所の世代の若い層に譲ったコミュニティがリアルな世界からネット社会に移動したというような考えも的ハズレではないような気がしております。大都市内においては薄れはじめている地域社会のコミュニティ内でのつながりが、顔の見えない第三者とネット社会でのつながりに転換したというような考えも誤りではないようです。ネットビジネスはすき間産業の活用が爆発的な大ヒットを生み出す可能性を秘めていることが魅力的でもありますが、その反面では目に見えずらい利用者間のトラブルが問題視されてもおりますので確かなサイト運営を行っている企業とそうでない企業の見極めなども重要なポイントとなりそうです。時代とともに多様化するネットワークに対してのかかわり方を、個々人によるルールを設けることなどもにも必要性がみられるのではないでしょうか。

Categories: Uncategorized

法人向けオウンドメディアの落とし穴

No Comments

法人向けオウンドメディアを確実に有効なツールにするには、頻繁に更新して情報発信する必要があります。しかしコンテンツの作成には専門知識や自社商品の知識が必要になるため、書き手が限られるという落とし穴があるのです。適当なライターを見つけて書かせることは絶対に出来ません。何故なら想定される読者は同じ業界の人間だからです。専門知識のないライターが書いても、彼らの目は誤魔化せません。どうしてもライターを確保できなければオウンドメディアの採用自体を見送るか、或いはクラウドソーシングを利用してライターを見つけるしかありません。他の選択肢としては専門知識を持った社員を育成することが挙げられますが、これは簡単な事ではありませんし、それなりに時間が掛かります。こうした落とし穴を理解した上で、オウンドメディアの採用を検討しましょう。法人向けオウンドメディアのデメリットとしては他に、ランニングコストが挙げられます。オウンドメディアの運営で発生するコストには、管理費、人件費、アウトソーシング費等があります。中でも人件費は馬鹿になりません。もし自社内で専門知識のある社員を雇うとなると、相応の給与が発生します。それを覚悟してでもオウンドメディアを新設するのか、時間を掛けて検討しましょう。ところでオウンドメディアはコンテンツ作成だけでなく、運営にも専門的な知識が必要になります。それは、SEO、WEB、SNSに関するものです。これらに精通している社員は少ないため、新たに雇ったり、外注したりするしかありません。

Categories: Uncategorized