文字列の比較

No Comments

if 文では文字列どうしの比較も行えます。等しい(==) /異なる(!=)だけでな く、大小を比較することも可能です。 文字列の大小は、「文字コード順で並べ替えたときに、コードが後ろにある方が大 きい」というように判断します。文字コードとは、 1つひとつの文字に付けられてい るコード番号のことです。 たとえば、 suzukとsasak を比較すると、 1文字目はともに s なので、こ の時点ではまだ大小が決まりません。そこで、 2文字目のuとa を比較します。 それぞれの文字コードは 117 と97 で、 u の方が大きいです。したがって、 suzuk の方が sasak よりも大きいと判断されます。 アルファベットは ABCの順に文字コードが付けられているので、英単語どうし を比較すれば、辞書順で後ろにくるものほど大きいと判断されます。ただし、大文字と小文字を混在させた場合、小文字の方が大文字よりも文字コードが大きいの で、辞書順にならない場合もあります。たとえば、SUZUKI とsasakを比較すると、 sasak の方が大きいと判断されます。 なお、漢字の文字コードは必ずしもあいうえお順で並んでいるわけではないの で、漢字どうしを比較した場合の結果は、比較する漢字によって異なります。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *