変数のデータ型

No Comments

スクリプトの中で扱うデータには、さまざまな値があります。整数・小数・文字列・TRUE / F ALSE (真/偽 )などの種類があり、データ型を意識しながらプログラミングを行わなくてはい けません。

また、文字列の扱いについて、文字列を表現する場合は、シングルクォーテーション (‘ ) かダブルクォーテーション (“)で括る必要があります。 シングルクォーテーションで括られた文字列内でシングルクォーテー ションを表現したい場合は、文字列の終端ではないことを表すためにシングルクォーテーションの前に「¥」を記述します。 これを「エスケープする」と言います。 タブルクォーテーション内でダブルクォーテーションを扱うう場合も同様です。

通常どちらを使ってもかまいませんが、ダブルクォーテーションで括った場合、 クォーテーション内に記述された「改行コー ド (¥n ) Jや 「タブコード (¥t ) 」などのコードを解釈します。 また、その中の変数も展開されます。

実は、PHP は他の言語に比べて変数のデータ型が暖昧です。文字列型でも式の構成によっては数値型・論理型に自動変換されて演算が行われます。たとえば、文字列同士の演算でも、数値に変換することかできる場合は数値型として処理されます。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *