動作環境を勉強しよう

No Comments

勉強のために、自分のパソコンに環境を構築してみましょう。XAMPPといった便利なツールがあるので、活用します。まずダウンロードからです。ソフトのダウンロード「http://www.apachefriends.org/jp/index.html」ここから、ダウンロードのコーナーに入り、Windows向けXAMPPをダウンロードしましょう。バージョンがいろいろあって選ぶのが難しいと思ったら、数字が大きい方を選びましょう。新しいバージョンは数字が大きい方です。どんどん開発が進んでいるのがXAMPP。新しいバージョンが発表されるたびにセットアップの画面なんかの見た目が違ったりしますが、機能の方は同じようなものもあるので、読み替えながらやってみましょう。ダウンロードしたら、実行ファイルをダブルクリックしてください。セットアッププログラムが出てきますので、それにそってセットアップします。まず画面には「Apache」「PHP」「MySQL」「phpMyAdmin」にチェックが入った状態にしましょう。初期の起動時は、言語を選ぶ画面が表示されます。日本語が存在したら、日本語を選びましょう。日本語なければ、英語でも良いです。起動するには、スタートメニューの中の「アプリ」に登録された「XAMPPforWindows」から「XAMPP Control Panel]をクリックして起動しましょう。「Apache]と「MySql]と書かれた行があるので、その「Start」ボタンをクリックしましょう。「Apache]と「MySQL]というラベル部分が緑になっているかどうか見てみましょう。緑になっていたら起動完了となります。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *