PHPで小数を整数に切り上げるには

No Comments

消費税の計算は小数になってしまうことが多いですが、これを切り捨てたり切り上げたりして表示してみましょう。使うファンクション「floor,ceil,round,print」です。100÷3000×100という計算は割り切れません。3.3333……という結果になってしまいます。このままでは、画面に表示するには、いまいちなので、小数を丸めて処理するようにしたい。それで、小数は切り捨てて計算するので「floor」ファンクションを使います。「<$?php print(floor(100/3000100));?>」このように書きましょう。小数を丸めるファンクションというのは、他にも「ceil」「round」があります。これらを場合によって使い分けます。それぞれのファンクションは、元の値をパラメータとして与えるだけで利用することができます。roundだけは、2つ目のパラメータを指定することができます。「<$?php print(floor(100/3000100,1));?>」とこの場合は、「1」と指定してみました。小数第一位まで表示されます。省略した場合は、小数第一位を四捨五入して、結果は整数となります。if構文といったもので使える演算子には、「論理演算子」というものがあります。複数の条件を組み合わせるときに使います。「Aという条件が満たされていて、なおかつBという条件も満たされている」というものです。例えば「$answer という変数が10以上でかう、100以下」という条件を作るのに、「&&」を利用します。「$answer=15; if($answer>=10 && $answer<=100){…}」

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *