バックアップとリストア

No Comments

左側のデータベースリストから1つ選んだら、上部のタブからインポートを選びます。ファイルを選択ボタンをクリックしたら、保存しておいたバックアップファイルを指定します。ファイルの文字セットをutf-8にあわせ、実行するボタンをクリックしてください。これで、データがリストアされます。そして引き続き利用するということが可能となります。注意が必要なのは、データベーススペースは手作業で作成しなければならないということです。実際に運用しているデータベースは、万一のときにリストアができるように定期的にバックをしましょう。データベースがとても大きくなると、バックアップファイルもとても大きいなものになります。phpMyAdminでは、バージョンや環境によって異なります。しかし、扱える限界サイズもあって、それ以上のテキストファイルはリストアするということはできません。こういった場合はUNIXコマンドを使って復旧します。これはUNIXなどの知識も必要です。これはサーバー管理者やレンタルサーバー業者などに相談をして、リストアをしてもらいましょう。データベースというのは、とても奥深い世界といます。IT国家資格としてテクニカルエンジニア試験というものがあります。またMicrosoftやOracleなどのメーカーも独自の資格制度を持っています。システム開発会社によっては就職などにもとても有利になります。給与が上がったりすることもあるすです。非常に難しいものですし、でも一方でとてもおもしろいものでもあります。機会があれば専門書などを読んだり、スクールに行ったりしてぜひ勉強してみましょう。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *