トーンとレタッチ

No Comments

トーンカーブをコントロールすることによって、コントラスト効果や2値化といった効果を画像に与えたり、ホワイトバランスの調整といったことを行えると言えるでしょう。画像のコントラストは際立たせることによって、より明瞭な印象を確立することができるとされ、トーンカーブの中間の上げ下げによって濃度の上下といったものを調整する方法が一般的と言えるでしょう。

トーンカーブをS字にした場合、元となる入力画像の濃淡範囲に対して出力画像の濃淡範囲の方が広くなるため、コントラストは高くなると言えるでしょう。ホワイトバランスの調整というのは、画像のなかで本来は白やグレー、黒といった無彩色である部分に、違う色味が重なってしまっている状態の時に、色のバランスを修正することと言えるでしょう。RGBの各トーンカーブを調整することによってコントロールを行いましょう。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *