法人向けオウンドメディアの落とし穴

No Comments

法人向けオウンドメディアを確実に有効なツールにするには、頻繁に更新して情報発信する必要があります。しかしコンテンツの作成には専門知識や自社商品の知識が必要になるため、書き手が限られるという落とし穴があるのです。適当なライターを見つけて書かせることは絶対に出来ません。何故なら想定される読者は同じ業界の人間だからです。専門知識のないライターが書いても、彼らの目は誤魔化せません。どうしてもライターを確保できなければオウンドメディアの採用自体を見送るか、或いはクラウドソーシングを利用してライターを見つけるしかありません。他の選択肢としては専門知識を持った社員を育成することが挙げられますが、これは簡単な事ではありませんし、それなりに時間が掛かります。こうした落とし穴を理解した上で、オウンドメディアの採用を検討しましょう。法人向けオウンドメディアのデメリットとしては他に、ランニングコストが挙げられます。オウンドメディアの運営で発生するコストには、管理費、人件費、アウトソーシング費等があります。中でも人件費は馬鹿になりません。もし自社内で専門知識のある社員を雇うとなると、相応の給与が発生します。それを覚悟してでもオウンドメディアを新設するのか、時間を掛けて検討しましょう。ところでオウンドメディアはコンテンツ作成だけでなく、運営にも専門的な知識が必要になります。それは、SEO、WEB、SNSに関するものです。これらに精通している社員は少ないため、新たに雇ったり、外注したりするしかありません。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *