ネットビジネスの変容とかかわり方

No Comments

ネットビジネスは、従来であれば難しいと考えられてきた衣類の販売から習い事サイトなどオンラインを通じて様々なネット上の需要を生み出してきました。近年、その大幅なユーザー数の拡大をみせているフリマアプリなども、モノやサービスの流通革命を起こしていると言われております。スマートフォンやPCを活用することで個人的なCtoCを可能としたネットサービスは、ユニコーン企業などとも呼ばれ各分野からの大きな注目を集めました。フリマアプリを使用する人々の動きのなかでは、これまでは不用品と考えられてきた使いかけの化粧品ですら多くの取引がみられているというのですから、目を疑うものがありますが、時代が変われば「お古」といったものをご近所の世代の若い層に譲ったコミュニティがリアルな世界からネット社会に移動したというような考えも的ハズレではないような気がしております。大都市内においては薄れはじめている地域社会のコミュニティ内でのつながりが、顔の見えない第三者とネット社会でのつながりに転換したというような考えも誤りではないようです。ネットビジネスはすき間産業の活用が爆発的な大ヒットを生み出す可能性を秘めていることが魅力的でもありますが、その反面では目に見えずらい利用者間のトラブルが問題視されてもおりますので確かなサイト運営を行っている企業とそうでない企業の見極めなども重要なポイントとなりそうです。時代とともに多様化するネットワークに対してのかかわり方を、個々人によるルールを設けることなどもにも必要性がみられるのではないでしょうか。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *