printという関数

変数に記憶した情報は多くの場合、画面に表示します。 PHP Web ページを作成 する場合も、これらを画面に表示する機会はとてもよくあります。画面に文字を表 示するには printという関数を使用します。

関数について PHP では、さまざまな処理を関数によって行います。 関数と言われると何か分かりにくい感じがするかもしれませんが、とりあえずは命令のことだと患っておくと分かりやすいでしょう。

文字を表示するprint 関数通常、文字を表示するには print 関数を使用します。 print の後に括弧を書き、括弧 の間に表示したい内容を入れます。たとえば、 print (“こんにちは“) ; という文を実行すると、「こんにちは」と画面 (Web ブラウザのウインドウ)に表示 されます。また、 print ($x) ; という文を実行すると、変数$x の値が表示されます。変数名を値に置き換えます。文字列の代入のところで、「ダブルクォーテーションマークの間に変数名を入れる と、それは変数の値に置き換えられますが、これは print の場合 も同様です。